特殊浴場って何?

インターネットなどで風俗店などを探していて、「特殊浴場」と言う名前を目にしたことがあると思います。

この特殊浴場というのは一体何かと言うと、ソープランドが過去に特殊浴場と呼ばれていた時期があり、その後「トルコ風呂」と言う名前になり、最終的に現在の呼び名であるソープランドになったと考えれば良いでしょう。

風俗の王様とも呼ばれるソープランドには、特殊浴場という名前だけではなく、トルコ風呂や個室高級サウナ、泡の国などの別名がありますが、いろいろな風俗店が出現している現代でも、風俗の代表選手として世の男性たちに愛好されているのです。

ソープランドは風俗の王様と呼ばれるほど、風俗店の中でも特別な存在ですから、その他の風俗店には出来ないことが、ソープランドでは出来てしまいます。

その中の一つに、ソープランドではお風呂に入ることが出来るのに、一般的な店舗型の風俗店では、プレイの前後にシャワーで体を洗い流したり、オシボリで体を拭くだけで済ましているということがあります。

これはソープランドの営業スタイルが、もともとは温泉施設やサウナ施設のように、お客に入浴設備を提供することを目的にしているからなのです、言い換えてみると、ソープランドはお風呂と個室のスペースをお客に提供しているだけで、そこで行われる風俗プレイに関してはタッチしていないというスタイルで営業しているのです。

プレイの前と後に入浴することが出来ること以上に、他の風俗店とソープランドを決定的に区別することが出来ることに、一般的な風俗店では絶対禁止になっているプレイが、ソープランドでは出来てしまうということがあります。

これはどうしてかというと、先ほどもご紹介したように、ソープランドでは店内の設備を提供しているだけで、その中で行われていることは関知していないので、何が行われていたとしてもお客とソープ嬢との間の「自由恋愛」と言うことになるのです。

そこでは何があってもお客とソープ嬢の女の子との、恋愛として許されてしまうと言うことになっているんですかね。

このことがソープランドの最大の特徴として、他の風俗店とは違うところなのですけれども、そのことが原因で名前を変えなければならないこともありました。

今ではソープランドという名前が一般的になっていますが、以前はトルコ風呂という名前で営業していたことがありました。

トルコ風呂と言う名前は広く受け入れられて、一般的に使用されていたのですが、その名前によって自分の祖国が辱められたと、当時来日していたトルコの青年がマスコミに訴えたことから、それ以後はトルコ風呂という名前は使用されることは無くなりました。

現在ではソープランドとして名前を変えて、広く愛されているのですが、それだけ世の中に対する影響力もあるということなのでしょう。

私は先日、滋賀の雄琴というソープ街で遊びましたが、思った以上に可愛い女の子が多かったですよ。

女の子は風俗の仕事は初めてだそうで、雄琴 ソープ求人でみつけて働き始めてそうです。

最近は風俗の仕事もインターネットで探す時代になったんですね。

わたしは普段、錦糸町 風俗で遊んでいるんですが、そこでも同じサイトでみつけたという女の子が多いですね。

また、普段から町田 風俗を利用している友人がいるんですが、彼は週に四回はデリヘルを利用しているそうです。

でも、ソープには行ったことがないそうで、理由はソープ街に行くのが面倒だというんですね。

最近はそういう方も多いのかもしれません。

ところで、私が仲良くしてもらっているソープ嬢が、こんど関西に引っ越すそうです。

金津園 ソープ求人でお店を探しているそうですが、どこかオススメがあったら教えて頂けるとありがたいです。